フラット35住宅ローンの審査で年収はどうなっている?

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様そんなフラット35の審査は、ですが、フラット35の審査は少し違う点もありとはいえ、年収や勤続年数などは住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
ローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。
申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。
やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
という期待はできません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が最低の判断基準ラインと言われています。
住宅ローンを組もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
ネットバンク・労金・銀行など住宅ローン相談を承れる金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローン相談の審査の違いは特に大きな違いはありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。

住宅ローン借入額と年収の計算は?シミュレーション分析【何倍が適正?】