海外旅行と世代の関係

海外へ旅行に出かける場合、決して楽な事ではないと思います。
(汗)もちろん楽しいことですが、同時に結構エネルギーが必要となりますよね。
まず、準備段階で既に国内旅行について比較にならない程に消耗します。
(汗)行き先となる国の基礎知識を常に頭に入れておくことですね。
それが必要です。
また、旅行先でトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
それに対する基礎知識、対策も必要となります。
こういったこともあり、昔は海外旅行と言えば、若い世代、特に20代が関心を示すものだったと言うことです。
若い世代よりも高齢層に人気を博していると言うデータがあります。
高齢層は、海外に強い憧れを持っていると思います。
それに対して、若い人達はそこまで強い意識は持っていないと言うのが大きいですね。
そんな世代間の意識の差については、行き先にも現れています。
ソウルバンコクアジアの国々です。
また、バリ島、香港も高い人気を誇ります。
旅費が安くて済むアジアに、人気が集中していると言う感じになります。
(笑顔)。
花の都パリ、と言う印象が強いですね。
(笑顔)また、ニューヨークも安定した人気があります。
特に60代は、ローマ、ロンドンでヨーロッパ諸国に対する憧れが強いと言います。