ローンの一本化の悪い詐欺を調べてみた

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

メリットばかりが強調されるおまとめローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、借入件数が多いほど審査は不利になります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという商品名でおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

参考:ローン一本化詐欺?おまとめ失敗しない方法【悪質業者に騙されない】

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。