住宅ローン金利の変動金利で元本が減らない場合は?

住宅ローン金利で変動金利を選んだ場合、半年に一度の金利の見直しと、五年に一回の返済額の見直しがあります。
住宅ローン金利の金利は変動型の場合はその制度のおかげで急激な返済額のアップは逃れますが、1,25倍以上に返済額がなってしまった場合はその分は免除されるわけではなく、あまりにも金利が上がりすぎると、金利の支払いだけで元本部分を全く返済できない状況になることも考えられます。
そのあとに金利が下がればある程度調整できますが、上がり続けた場合はその後の返済が厳しくなるのは目に見えています。
そのようになる可能性を理解して変動金利を借りる人は良いのですが、実際に金利が上がった場合のシュミレーションをして選んだという話もあまり聞きませんので、金利と低金利が続いているという状況から変動金利を選んでいる人が多いでしょう。
ネット銀行の住宅ローンがおすすめな理由は?【低金利で条件が良い!】